オルビスのプチシェイクに関連する記事の紹介

オルビスのプチシェイクはブログネタにもたびたび登場します。@コスメでもオルビスのプチシェイクはレビューや口コミなどが紹介されています。ではどんなにようになっているのかみていきましょう。

 

 

・オルビスプチシェイクに関する記事1

体重が気づいたら4.5kg増!!衝撃を受けてダイエットを開始。とりあえず手軽さから歩くことを決意。いつも行くコンビニはすごく近いけれど、少しだけ距離のあるコンビニまでは片道20分ということでそこを往復することに…。

 

夕飯は気合いを入れてオルビスのプチシェイクで置き換えダイエット。色々なダイエットシェイクがあるけど、オルビスのプチシェイクは甘みがちょうどいいです、空腹感は…寝るまでありませんでしたね。朝食にしてしまうと、昼食まで我慢できないので、あとは寝るだけだし…と考えられる夜がお勧めですね。

 

・オルビスのプチシェイクに関する記事2

 

まずいな…とは思っていたんですが、健康診断前にダイエットを決意!私の周りでも愛用している人がいるオルビスのプチシェイクでダイエットすることにしました。置き換えるのは夕飯です。

 

さらにダイエットに効果的だということで炭酸水も取り入れました。血行が良くなって満腹感が増します。ですからオルビスプチシェイクと一緒に炭酸水も飲んでいます。体重は急激に落ちているわけではありませんが、1週間に0.8kgペースで落ちていますね。

 

・オルビスのプチシェイクに関する記事3

 

外食をする時ってあるじゃないですか?付き合いだって必要です。ですから外食するな…とわかっている時には摂取カロリーの調節のためにオルビスのプチシェイクを取り入れています。

 

値段は同じようなダイエット食品よりは安いんじゃないかと思います。味も良いですし、シェイクというかプルプル感が好きですね。個人的な好みですがよりおいしく飲みたいので、混ぜた後にオルビスのプチシェイクを冷蔵庫で良く冷やしています。こうすることでよりおいしくなるので満足感が増します。

 

オルビスのプチシェイクの用い方は人それぞれで、3効果も人それぞれですが、自分のペースに合わせて取り入れれば効果が期待できそうですね。

 
オルビスのプチシェイクについて詳しくは、下の画像をクリックしてご確認ください。




 
 

プチシェイクに豆乳は駄目なの?

オルビスのプチシェイクの基本的な作り方は牛乳と混ぜます。でも豆乳でオルビスのプチシェイクを作ったらどうなるんでしょうか?

 

牛乳で作る時にはオルビスのプチシェイクを混ぜるだけでおいしく出来上がります。でも豆乳に変えたらもっと健康に良さそうな感じがしますよね?それに女性に嬉しい大豆イソフラボンも摂取することができます。ダイエットと考えると豆乳のほうが効果が期待できそうです。

 

実際に豆乳でオルビスのプチシェイクを作っている人がいるので、その人の記事を紹介したいと思います。

 

結果…この人の場合には豆乳×オルビスのプチシェイクはいまいちだったそうです。牛乳のほうが良いと言っていますね。

 

なぜか…それはオルビスのプチシェイクは牛乳と混ぜることでトロッとします。でも豆乳の場合にはそうならないんですね。でも味自体はそんなに問題はないそうです。飲む感覚でも良いという人には合っているかもしれません。でも食べた感が少しでも欲しい場合には、牛乳で混ぜたほうが無難でしょうね。

 

ちなみにプチシェイクを販売しているオルビスはどう言っているのか…気になりますよね?オルビスでは牛乳以外はあまりお勧めしていません。オルビスのプチシェイクはあくまでも牛乳で混ぜるように作られているんですね。とろみがつくことでより満足度を上げるようにしているので、置き換えても空腹感を軽減してくれるんです。

 

オルビスのプチシェイクにはペクチンが含まれていて、これが牛乳のカルシウムと反応してトロッとするそうです。満足感を得たいのであれば牛乳が良いんですね。

 

また、牛乳には加工乳がありますよね。低脂肪とかがそれになります。オルビスのプチシェイクを混ぜる際には加工乳ではなく「牛乳」を使うようにしましょう。

 
オルビスのプチシェイクについて詳しくは、下の画像をクリックしてご確認ください。




 
 

オルビスのプチシェイクの評判が高いのはなぜ?

置き換えダイエット食品の中で高い評価を得ているのがオルビスのプチシェイクです。

 

オルビスのプチシェイクがなぜ高い評価を得ているのか…理由は色々ありますが、気軽さが挙げられます。オルビスのプチシェイクを容器に移します。そして分量通りの牛乳を注いだら混ぜるだけです。これだけで出来上がってしまうんですね。時間がなくてもすぐにできてしまいますから、インスタントコーヒーを作れるくらいの時間があれば十分です。忙しいとどうしても面倒なことができずダイエットをしなくなってしまうこともありますが、オルビスプチシェイクであれば大丈夫だと思います。

 

そして評判の高さはおいしさにもあります。ダイエットのためではありますが、ダイエット中だからこそ味気がなくておいしくないものばかりでは挫折してしまいます。ダイエット中だからおいしいものを食べていたほうが良いんです。オルビスプチシェイクはまさにその理想をかなえてくれています。

 

果物のフルーティーさはもちろんですし、フレーバーが多いので飽きないです。季節ごとに限定フレーバーが出たりするのも良いですね。

 

こうした理由があるのでオルビスプチシェイクは高い評判をエアています。でもオルビスにはプチシェイク以外のダイエット食品もあります。

 

まずパフバーですがサクサクとしていて我慢していたおやつを食べることができます。さらに発芽玄米パスタは食事をしているという感じがあってダイエットしていることを忘れてしまうかもしれません。また野菜スープなんかもあるので、こうしたものも利用すればより飽きずにダイエットすることができると思います。

 

体質でやせにくいという人もいると思います。それに我慢だけはしたくないという人もダイエットはしたいと思っていると思います。そうした声にもこたえてくれるオルビスのプチシェイクを試してみてください。

 
オルビスのプチシェイクについて詳しくは、下の画像をクリックしてご確認ください。




 
 

固まらない理由を知っておいしくプチシェイクを食べよう!

オルビスのプチシェイクの特徴はやっぱりとろみです。牛乳で混ぜることでとろみがつきます。でもとろみがつかない場合があるんですね。なぜオルビスプチシェイクにはでき上がりにばらつきがあるのかみていきましょう。

 

1つ目に考えられるのが果物の成分です。オルビスのプチシェイクはフレーバーによっては果物が使用されています。その果物の持っているミネラルやペクチンなどからもとろみができるんですね。でも、ミネラルやペクチンの含有量はその果物によります。ですから、商品化されているオルビスのプチシェイクはフレーバーによってミネラルやペクチンの量にばらつきがあるんですね。

 

特に固まらないといわれているのが「まろやかバナナ味」です。原料にバナナピューレを使っているんですが粘度がもともと高いので牛乳と良く混ざらないようです。ですからカルシウムと反応するまでに時間がかかるんですね。ですから混ぜてから少し時間をおくことをお勧めします。

 

オルビスプチシェイクが固まらない理由は果物だけではありません。それ以外にも理由が考えられます。考えられる理由の二つ目が混ぜるものにあります。オルビスプチシェイクと牛乳の温度、そして牛乳の量、混ぜている時間、牛乳の種類です。

 

オルビスプチシェイクを購入してから常温状態で保管していると温度は高いです。特に夏場は異様なほどプチシェイクの温度が高くなってしまいます。冷蔵庫に保管しているといっても、季節によっては室温の影響を受けてしまいます。ですから温度には注意しましょう。

 

固まらないということを避けるためにはオルビスプチシェイクの保管温度に気をつけましょう。そして牛乳の種類、温度、分量をしっかりとチェックすることも大事です。混ぜる際もしっかりと混ぜるようにすると良いですね。オルビスのプチシェイクを混ぜ合わせた後はできれば冷蔵庫で冷やすことをお勧めします。冷やすことでさらにプルプルになり、食べている感覚をより感じることができます。

 
オルビスのプチシェイクについて詳しくは、下の画像をクリックしてご確認ください。




 
 

プチシェイクをやめたらリバウンドしてしまうのか?

置き換えダイエットに用いるものとしてオルビスのプチシェイクは効果的です。でも、オルビスプチシェイクを飲まなくなってからはリバウンドしないのか…これ重要ですよね?

 

オルビスプチシェイクはもちろんダイエット方法の一つです。他にも色々なダイエット方法があります。どんな方法でやせても心配なのがリバウンドです。目標体重に達したのにリバウンドしたという人は少なくありません。中にはダイエット前の体重を優に超えてしまう人もいます。

 

ではリバウンドしてしまう原因は何なのか…ということになってきますが、急激な体重減少、自己流ダイエットはリバウンドのもとと言われています。

 

食生活の内容が極端に変化して偏ってしまうと栄養が十分ではなくなってしまいます。人間の体というのは太っていようが栄養が足りなければ自分を守ろうとして脂肪をため込持とうしてしまいます。するとダイエットをしたおかげで代謝が落ちてしまうんですね。やせにくい体になってしまいますし、食事制限を辞めた途端に太り始めます。これでリバウンドしてしまうんですね。

 

リバウンドしないためには…やはり時間をかけてダイエットするということです。リバウンドしにくいのは1か月で体重の5%未満の減量です。もし開始時が50kgであれば1か月で減量してもOkなのは2.5kgということになります。

 

でもこれは計算にすぎません。もしオルビスプチシェイクで置き換えダイエットをした場合、1日の摂取カロリー-600kcal減らしていればちょうど良いです。

 

頑張ってダイエットをしたのにリバウンドしてはもったいないです。無理がないように安定してカロリーカットし続けることでダイエットが成功します。オルビスプチシェイクを利用する場合には、体に負担をかけないように頑張りましょう。

 
オルビスのプチシェイクについて詳しくは、下の画像をクリックしてご確認ください。