固まらない理由を知っておいしくプチシェイクを食べよう!

オルビスのプチシェイクの特徴はやっぱりとろみです。牛乳で混ぜることでとろみがつきます。でもとろみがつかない場合があるんですね。なぜオルビスプチシェイクにはでき上がりにばらつきがあるのかみていきましょう。

 

1つ目に考えられるのが果物の成分です。オルビスのプチシェイクはフレーバーによっては果物が使用されています。その果物の持っているミネラルやペクチンなどからもとろみができるんですね。でも、ミネラルやペクチンの含有量はその果物によります。ですから、商品化されているオルビスのプチシェイクはフレーバーによってミネラルやペクチンの量にばらつきがあるんですね。

 

特に固まらないといわれているのが「まろやかバナナ味」です。原料にバナナピューレを使っているんですが粘度がもともと高いので牛乳と良く混ざらないようです。ですからカルシウムと反応するまでに時間がかかるんですね。ですから混ぜてから少し時間をおくことをお勧めします。

 

オルビスプチシェイクが固まらない理由は果物だけではありません。それ以外にも理由が考えられます。考えられる理由の二つ目が混ぜるものにあります。オルビスプチシェイクと牛乳の温度、そして牛乳の量、混ぜている時間、牛乳の種類です。

 

オルビスプチシェイクを購入してから常温状態で保管していると温度は高いです。特に夏場は異様なほどプチシェイクの温度が高くなってしまいます。冷蔵庫に保管しているといっても、季節によっては室温の影響を受けてしまいます。ですから温度には注意しましょう。

 

固まらないということを避けるためにはオルビスプチシェイクの保管温度に気をつけましょう。そして牛乳の種類、温度、分量をしっかりとチェックすることも大事です。混ぜる際もしっかりと混ぜるようにすると良いですね。オルビスのプチシェイクを混ぜ合わせた後はできれば冷蔵庫で冷やすことをお勧めします。冷やすことでさらにプルプルになり、食べている感覚をより感じることができます。

 
オルビスのプチシェイクについて詳しくは、下の画像をクリックしてご確認ください。